現在のページはHOMEの中の研究プロジェクトの中の視覚的に点字を識別するための効率的な学習法の開発のページです。

プロジェクト紹介

視覚的に点字を識別するための効率的な学習法の開発

点字学習者の指導や支援を行う上で、視覚的に点字を識別できることが有用である。そこで、視覚的に点字を識別するための効率的な学習法の開発を行う。

プロジェクト期間

2021年度プロジェクト [ 2014年度〜継続中 ]

目的

点字学習者の指導や支援を行う上で、視覚的に点字を識別できると有用であり、効率的に学習できる学習法が求められている。従来の方法では、点字配列と対応する仮名の組み合わせを総当たりで学ぶ方法が採用されることが多いが、効率的でなく、誤学習のリスクがある。そこで本研究では、小原・大島・相澤(2015)のContingency Adduction手続きによる視覚的な点字学習の知見を応用し、効率的に視覚的に点字を学習する学習法の開発を行う。

内容

小原ら(2015)のContingency Adduction手続きを用いた視覚的な点字学習では、基本となる12種の点字の学習だけで、35種の点字を学習できることが期待できる方法であり、短い訓練期間で点字を学習できる可能性が示された。しかし、訓練期間を短く設定していたことから、学習が成立しない参加者もおり、適切な訓練量と学習の持続性の検証が必要である。そこで、本プロジェクトでは、本手法の最適化のため、滴切な訓練量の検証と学習の持続性の検証を行い、効率的な視覚的点字学習法の開発を行う。

ページの先頭へ