現在のページはHOMEの中の業績の中の地理学のページです。

業績一覧

地理学の業績

論文 

Matsubara, A. (2016) Geomorphological Development of Coastal Ridges during the Holocene and Recent beach erosion: Case Studies of the coastal lowlands along Suruga Bay and Amanohashidate along Miyazu Bay. The Hiyoshi Review of Social Sciences, Keio University 26: 1-16

 pdf(PDFファイルが開きます)
著書 

Matsubara, A. (2015) Holocene Geomorphic Development of Coastal Ridges in Japan.  Keio Univ. Press 169p

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

Matsubara, A. (2015) Influence of Tsunamis on Coastal Lowlands: Case of the 2011 Tohoku Earthquake. The Hiyoshi Review of Social Sciences, Keio University 25: 1-13

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
著書 

松原彰子 (2014) 自然地理学 ― 自然環境の過去・現在・未来― (第4版) 慶應義塾大学出版会 220p

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子 (2014) 九十九里浜平野の地形と遺跡分布 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 24: 21-28

 pdf(PDFファイルが開きます)
著書 

松原彰子 (2013) 駿河湾の海岸.柴山知也・茅根 創編『図説 日本の海岸』 朝倉書店 pp62-63

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子 (2013) 東京湾沿岸に発達する浜堤列平野 ―館山低地と小櫃川下流低地を例にして―.  慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 23: 1-14

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子 (2012) 東京湾西岸地域の地形 ―東京都東部地域と鶴見川流域を例にして― 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 22: 1-12

 pdf(PDFファイルが開きます)
著書 

松原彰子 (2011) 自然地理学 ― 自然環境の過去・現在・未来― (第3版) 慶應義塾大学出版会 206p

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子・渡部展也 (2011) イスラエル・ガリラヤ湖岸の地形および水文環境 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 21: 43-62

 pdf(PDFファイルが開きます)
著書 

杉浦章介・松原彰子・渡邊圭一・長田 進・武山政直・大島英幹 (2010) ジオ・メディアの系譜 ―進化する地表象の世界―  慶應義塾大学出版会 153p

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子・渡部展也 (2010) ガリラヤ湖東岸エン・ゲヴ遺跡の立地環境 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 20: 23-42

 pdf(PDFファイルが開きます)
論文 

松原彰子 (2009) 大学教養教育における自然地理学の意義 E-journal GEO 3:33-38

 pdf(PDFファイルが開きます)
著書 

松原彰子 (2008) 『自然地理学 ─ 自然環境の過去・現在・未来─』(第2版) (慶應義塾大学出版会) 190p

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

太田陽子・松原彰子・松島義章・鹿島 薫・叶内敦子・鈴木康弘・渡辺満久・澤 祥・吾妻 崇 (2008) 佐渡島国中平野南西部における沖積層のボーリング調査による古環境と地殻変動 第四紀研究 47:143-157

 doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
論文 

松原彰子・郭 俊麟・高田佳奈 (2007) GISを用いた土地利用変化の解析 ―慶應義塾大学日吉キャンパスを例にして― 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 17号:1-8

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
著書 

杉浦章介・松原彰子・武山政直・黴木勇夫 (2005) 『人文地理学 ―その主題と課題―』 慶應義塾大学出版会 389p

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

Matsubara  A. (2003) Relationships between Holocene Geomorphic Development of Coastal Ridges and Human Activities — A Case Study of the Coastal Lowlands along Suruga Bay, Central Japan&mdash The Hiyoshi Review of Social Sciences, Keio University  No.13:23-40

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子 (2000)  日本における完新世の砂州地形発達 地理学評論 73(Ser.A):409-434

 pdf(PDFファイルが開きます)
著書 

田辺 裕・松原彰子共訳 (1999) 『図説 世界の地理 第8巻 フランス』 朝倉書店 1154p

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子 (1992) 静岡県浮島ヶ原・雌鹿塚遺跡における自然環境と人間活動の変遷 第四紀研究 31:221-227

 関連ページ(新しいウインドウが開きます)
論文 

松原彰子 (1989) 完新世における砂州地形の発達過程 ─駿河湾沿岸低地を例として─ 地理学評論 62(Ser.A): 160-183

 pdf(PDFファイルが開きます)
論文 

Matsubara A. (1988) Geomorphic development of barriers in the coastal lowlands during the Holocene ─A case study of the coastal lowlands along the Suruga Bay,Central Japan─ Bull Dept Geogr Univ Tokyo  No.20:57-77

ページの先頭へ