現在のページはHOMEの中の研究プロジェクトの中の絶滅危惧両生類の年齢構成と食性に関する保全生物学的研究のページです。

プロジェクト紹介

絶滅危惧両生類の年齢構成と食性に関する保全生物学的研究

本州及び琉球諸島に生息する絶滅危惧両生類を対象に、骨組織を用いた年齢査定法による齢構成解析と胃内容物による食性解析を行い、生活史の解明の一助とする。

プロジェクト期間

2020年度プロジェクト [ 2012年度〜継続中 ]

目的

 日本の在来両生類のおよそ3分の1は絶滅が危惧される状態となっており、保全対策が急務となっている。しかしながら、多くの両生類では、生活史の把握が十分に進んでおらず、有効な対策を考える上で問題となっている。そこで本研究では、絶滅危惧両生類の指骨切片からスケルトクロノロジーと呼ばれる手法で年齢査定し、個体群の齢構成や成長率、寿命等を明らかにするとともに、胃内容物に基づく食性分析を行うことで成長に伴う食性の変化の解明を試みる。

 

内容

 スケルトクロノロジーは活動期と休眠期を交互に繰り返す両生類の性質を利用したもので、休眠による成長の停止が骨に残したリング状の痕跡(LAG :line of arrested growth)を調べることによって年齢を査定する方法である。食性分析では強制嘔吐法により口腔内に胃を反転させ胃内容物を採取し、個体の餌資源利用を調査する。この強制嘔吐法はカエルが本来有している生理機能を利用しているため、非侵襲的な方法である。また、両生類が冬眠しないといわれる琉球諸島でも、冬季には活動が低下するため、LAGが形成されていると報告があるが、さらに緯度の低い先島諸島においての知見は得られていない。そこで、本研究では、先島諸島西表島に生息する両生類において、スケルトクロノロジーによる年齢査定の有効性について検証する。齢構成が明らかになれば、当該個体群の世代や成長、繁殖開始年齢などの保全対策上重要な生活史特性の詳細を得ることができる。
 本研究では年齢と食性というそれぞれ独立の研究を同時にアプローチするが、両項目では手法や共通のデータを用いるため研究は併せて行うことができる。さらに、年齢査定及び食性分析において、対象種を犠牲にすることがない手法を採用することで絶滅危惧個体群にダメージを与えることなく研究を進めることができる。

 

ページの先頭へ