現在のページはHOMEの中の研究プロジェクトの中の成人不同視性弱視への点眼治療についてのページです。

プロジェクト紹介

成人不同視性弱視への点眼治療について

幼少期からの不同視性弱視においては、臨界期(生後1か月から8歳頃:2歳頃が最強)以降の弱視治療は困難と言われているが、15歳、19歳の成人でも治療可能であった。その視力向上の経緯と点眼薬、アトロピン硫酸塩(日点アトロピン点眼液®1%以下アトロピン)の作用時間の関係を示す。

プロジェクト期間

2017年度プロジェクト [ 2017年度〜継続中 ]

ページの先頭へ