現在のページはHOMEの中の研究プロジェクトの中の細胞の意思を解析するのページです。

プロジェクト紹介

細胞の意思を解析する

細胞の意思に関して、細胞が状況判断して、決定するというスキームで言及できることを多数の事例で検証する。

プロジェクト期間

2017年度プロジェクト [ 2017年度〜継続中 ]

内容

細胞に意思を認めない多くの研究者は、分子機械論による解析で細胞の理解に終始する傾向にある。確かに、20世紀後半以降の分子生物学的手法の発展に導かれて、細胞理解は大きく進んでいる。ところが、最近、一部の研究者の中から、細胞に意思があるとしか思えないとの発現が出始めている。この状況は分子機械論のみでは、細胞の理解を全うできないことを気づき始めたことを示している。本研究では、多くの生命現象を事例に、ある細胞種が、状況判断をもとに、結果として表出する行動のための決定を行うというスキームで、個々の生命現象を記述することを試みる。これにより、亜志望の意思を捉える手法確立だけでなく、オーソライズした状態で細胞の意思の種類を網羅し、細胞理解を還元論一辺倒から、より統括的なレベルで行えるか検証する。

ページの先頭へ