現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の所員・古川亮平助教の論文が Scientific Reports に掲載されましたのページです。

2019.07.24所員・古川亮平助教の論文が Scientific Reports に掲載されました

「プラナリアの生殖戦略の転換にはアミノ酸代謝の変化が関与している―トリプトファン代謝産物セロトニンは卵巣誘導因子として働く―」

扁形動物プラナリアには,無性生殖と有性生殖の2つの生殖様式を使い分けるものがいます。弘前大学の小林一也准教授,慶應義塾大学の古川亮平助教らの研究グループは,この生殖様式の転換のしくみを解明するために,実験的に有性個体への転換を促すことができるプラナリアの一種,リュウキュウナミウズムシを用いて,発現遺伝子の遺伝子カタログを作成しました。また網羅的な解析によって,無性個体と有性個体ではアミノ酸の代謝に関わる遺伝子群の発現が異なることを発見しました。これらの遺伝子に着目して,さらに解析を進めた結果,トリプトファンの代謝産物であるセロトニンが卵巣誘導因子として機能することを実験的に証明しました。本研究の成果は今後,扁形動物の生殖戦略のみならず,多様な生物の幹細胞制御や生殖細胞形成の機構の解明に貢献することが期待されます。

慶應義塾プレスリリース
論文はこちら

ページの先頭へ