現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の所員・小林宏充教授の論文が Physical Review Letters に掲載されましたのページです。

2018.04.19所員・小林宏充教授の論文が Physical Review Letters に掲載されました


「レオナルド・ダ・ヴィンチの推測が検証された ―量子乱流のユニークな構造を発見―」

慶應義塾大学の小林宏充教授は,大阪市立大学大学院の湯井悟志大学院生,坪田誠教授らによる研究グループとの共同研究において,極低温状態で発生する量子乱流の発達に伴い,常流体の速度分布が大きく変形することを発見しました。本研究成果は,物理学分野で影響力の高い『Physical Review Letters』誌にオンライン掲載されました。

慶應義塾プレスリリース
論文はこちら

ページの先頭へ