現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の2017年自然科学研究教育センター・シンポジウムのページです。

2017.09.302017年自然科学研究教育センター・シンポジウム

日時 2017年09月30日 ( 土 )  13:15〜17:30
会場 日吉キャンパス 独立館 DB201番教室
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 気候変動と日本
講師 江守 正多 氏 国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室長
加藤 輝之 氏 気象庁観測部観測課観測システム運用室長
田中 豊 氏 日本CCS調査株式会社 技術企画部長
木所 英昭 氏 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 東北区水産研究所 資源管理部 浮魚・いか資源グループ長
参加費 無料(申込不要)
対象 一般・学生・教職員

プログラム

13:15-13:25 開会挨拶 鈴村 直樹 (本塾常任理事・経済学部教授)

13:25-14:10 講演1. 『地球温暖化と私たちの未来』
江守 正多 氏(国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室長)

14:10-14:55 講演2. 『大雨・竜巻の発生要因とその気候変動・将来予測』
加藤 輝之 氏(気象庁観測部観測課観測システム運用室長)

(休憩 20分)

15:15-16:00 講演3. 『一歩進んだ日本初のCO2削減技術 -海底下貯留実証試験-』
田中 豊 氏(日本CCS調査株式会社 技術企画部長)

16:00-16:45 講演4. 『気候変動と漁業資源 -温暖化による産地や旬の変化-』
木所 英昭 氏(国立研究開発法人 水産研究・教育機構 東北区水産研究所 資源管理部 浮魚・いか資源グループ長)

(休憩 10分)

16:55-17:25 総合質疑討論 

17:25-17:30 閉会挨拶 金子 洋之(所長・文学部教授)

プロフィール

  • NO IMAGE

    江守 正多 氏

    国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室長

  • NO IMAGE

    加藤 輝之 氏

    気象庁観測部観測課観測システム運用室長

  • NO IMAGE

    田中 豊 氏

    日本CCS調査株式会社 技術企画部長

  • NO IMAGE

    木所 英昭 氏

    国立研究開発法人 水産研究・教育機構 東北区水産研究所 資源管理部 浮魚・いか資源グループ長


センター主催のシンポジウム・講演会について

当センターの活動の一環として、シンポジウム・講演会を年3〜4回程度開催しています。その目的は、多分野にまたがる自然科学の相互理解を深め、研究の推進と教育の質の向上を図ることにあります。参加費は無料です。聴講の対象も制限はありません。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ