現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の第28回 サイエンス・カフェのページです。

2014.12.20第28回 サイエンス・カフェ 終了

日時 2014年12月20日 ( 土 )  受付:14時―14時15分, カフェ:14時30分-16時
会場 日吉キャンパス 来往舎 1 階シンポジウムスペース
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 人間はどんな動物か?
講師 長谷川 眞理子 氏 総合研究大学院大学教授
参加費 無料
対象 子供から大人まで

このイベントは終了しました。

今回はグループ討論をはさみながらの講演になります. グループ討論は120名までのテーブル席で行う予定です. テーブル席は先着順とさせていただきます. なお,配席の関係上14時15分迄には受付をすませ着席されるようお願いします.

講演要旨

私たちヒトは、サルの仲間に属する動物である。ヒトに一番近い動物は、チンパンジーだ。ヒトとチンパンジーは、およそ600万年前に共通の祖先から分かれて進化した。しかし、ヒトは都市を建設し、世界中に広がり、科学技術を駆使した文明を築いているが、チンパンジーはアフリカの森林の中だけに住み、絶滅危惧種である。この違いはどこからくるのだろうか? 違いの本質を考えてみたい。

プロフィール

  • 長谷川 眞理子 氏

    総合研究大学院大学教授

    理学博士
    総合研究大学院大学 理事・副学長 
    先導科学研究科 教授
    専攻分野「行動生態学、進化生物学」

    昭和51年3月 東京大学理学部生物学科卒
    昭和58年3月 東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程修了(理学博士)
    昭和55年から2年間タンザニア野生動物局に勤務
    昭和58年4月 東京大学理学部人類学教室助手、ケンブリッジ大学研究員、専修大学助教授、教授、Yale大学人類学部客員准教授、早稲田大学政治経済学部教授を経て、
    平成18年より 総合研究大学院大学教授
    平成18年より 国家公安委員会委員
    平成20年より21年まで 日本進化学会会長。
    平成23年より26年3月まで 総合研究大学院大学先導科学研究科長
    平成25年より 日本人間行動進化学会副会長
    平成26年4月より 総合研究大学院大学理事・副学長。


    野生のチンパンジー、イギリスのダマジカ、野生ヒツジ、スリランカのクジャクなどの研究を行ってきた。最近は人間の進化と適応の研究を行なっている。 著書:「クジャクの雄はなぜ美しい?増補改訂版」(紀伊国屋書店)、「進化とは何だろうか」(岩波ジュニア新書)、「ダーウィンの足跡を訪ねて」(集英社)、「進化と人間行動」(長谷川寿一と共著)(東京大学出版会)など。 訳書:「人間の進化と性淘汰I, II(チャールズ・ダーウィン著)」(文一総合出版)、「ダーウィンの種の起源」(ジャネット・ブラウン著)(ポプラ社)など


センター主催のサイエンス・カフェについて

当センターでは、サイエンス・カフェを年2回程度開催しています。これは一般市民の方と自然科学について、飲み物を片手に気楽に語り合うことをめざしています。講演会とは異なり、科学者と一般市民の間で積極的なコミュニケーションを行い、自然科学に対する相互理解を得ることが目的です。参加費は無料です。企画の内容によって、参加対象が指定される場合もありますので、ご了承ください。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ