現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の第4回インターネット望遠鏡プロジェクト・シンポジウムのページです。

2014.02.22第4回インターネット望遠鏡プロジェクト・シンポジウム 終了

日時 2014年02月22日 ( 土 )  13:00〜17:00
会場 日吉キャンパス 来往舎2階 大会議室
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 インターネット望遠鏡ネットワークが切り開く天文学教育の新しい可能性
参加費 無料(学生・塾外の方の来場歓迎)
対象 学生・教職員・一般

このイベントは終了しました。

プログラム

開会の挨拶
13:00〜13:05 プロジェクト代表 小林宏充(慶應義塾大学)

第1部:講演
(1)学校教育におけるインターネット望遠鏡と天体ライブ観察の活用
13:05〜13:45  高田淑子(宮城教育大学)
(2)科学館におけるインターネット望遠鏡の活用可能性
13:45〜14:25  渡邊文雄(元上田創造館)
(3)超新星捜索とインターネット望遠鏡
14:25〜14:55  嶋 邦博(五藤光学研究所)
  (講演時間には質疑応答が含まれます)

休憩 14:55〜15:05

第2部:プロジェクトの活動報告と今後の課題について
(1)天体の光度測定
  ① 高校における教育実践活動Ⅰ 15:05〜15:20 山本裕樹(東北公益文科大学)
  ② 高校における教育実践活動Ⅱ 15:20〜15:35 瀬々将吏(秋田県立横手清陵学院高校)
(2)2013年サイエンスアゴラ出展報告 15:35〜15:50 迫田誠治(防衛大学校)
(3)広報活動報告   15:50〜16:00  上田晴彦(秋田大学)
(4)ハード面の活動報告 16:00〜16:10  高橋由昭(五藤光学研究所)
(5)ソフト面の活動報告 16:10〜16:20  山本裕樹(東北公益文科大学)
(6)今後の課題と活動方針について 16:20〜16:55 参加者全員

閉会の挨拶
16:55〜17:00   五藤 信 氏 (五藤光学研究所)

講演要旨

インターネット望遠鏡プロジェクトは、‘いつでも、どこでも、だれでも’天体 観測可能な環境を整えることで、観測を重視した天文学教育の普及を目指してい ます。本シンポジウムでは、プロジェクトのこれまでの成果を総括し、インターネット望 遠鏡ネットワークが切り開く観測を重視した天文学教育の新しい可能性を探りま す。


センター主催のシンポジウム・講演会について

当センターの活動の一環として、シンポジウム・講演会を年3〜4回程度開催しています。その目的は、多分野にまたがる自然科学の相互理解を深め、研究の推進と教育の質の向上を図ることにあります。参加費は無料です。聴講の対象も制限はありません。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ