現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の自然科学研究教育センター講演会 第27回のページです。

2014.01.31自然科学研究教育センター講演会 第27回 終了

日時 2014年01月31日 ( 金 )  16:30〜18:00
会場 日吉キャンパス 来往舎2階 大会議室
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 都市を冷やすフラクタル日除け
講師 酒井敏 氏 京都大学 人間・環境学研究科 相関環境学専攻 自然環境動態論講座 地球環境動態論 教授
参加費 無料(学生・塾外の方の来場歓迎)
対象 学生・教職員・一般

このイベントは終了しました。

講演要旨

 都市のヒートアイランドは、身近な問題だけに、どうしても私たち人間の視点で考えがち です。しかし、これも、太陽からエネルギーを得て活動する地球の営みの一つですから、 地球全体のエネルギーバランスを抜きには語れません。地球科学的な視点から、身近なヒ ートアイランド問題を考えると、これまでとは、ちょっと違ったことが見えてきます。 ここでは、地球が最初に太陽のエネルギーを受け取る「地表面の形」が、そこの熱バラン スを大きく左右するという意外な事実について解説します。
 都市では人間がたくさんエネルギーを使うから暑くなるのだ、という説明がされることが あります。しかし、人間が出しているエネルギーは太陽エネルギーに比べれば、それほど 大きくはありません。また、都市には植物が少ないので、蒸散効果で温度を下げることが できないのだ、という説明もあります。しかし、これも太陽エネルギーに比べれば、それ ほど大きな効果はありません。やはり、太陽エネルギーをどう処理するかということが、 大きなポイントです。樹木はこの自然のエネルギーの流れをうまく使って生きているよう です。やっぱり、自然は偉大ですね。

プロフィール

  • NO IMAGE

    酒井敏 氏

    京都大学 人間・環境学研究科 相関環境学専攻 自然環境動態論講座 地球環境動態論 教授


センター主催のシンポジウム・講演会について

当センターの活動の一環として、シンポジウム・講演会を年3〜4回程度開催しています。その目的は、多分野にまたがる自然科学の相互理解を深め、研究の推進と教育の質の向上を図ることにあります。参加費は無料です。聴講の対象も制限はありません。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ