現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の第25回 サイエンスカフェのページです。

2013.08.02第25回 サイエンスカフェ 終了

日時 2013年08月02日 ( 金 )  14:00〜16:00
会場 日吉キャンパス 来往舎1階 シンポジウムスペース
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 色のイロイロ
講師 鈴木恒男 

慶應義塾大学法学部教授 心理学担当

参加費 無料
対象 一般の方(小学生も参加可能)

このイベントは終了しました。

講演要旨

以下の問題に答えられる人は、この講演は聞かない方が良いです。1)色とはなんですか、2)虹の色は何色ですか、3)貴方が見ている赤と隣の人が見ている赤は同じですか、4)五色沼、五色素麺と五が付く言葉が多くありますが、なぜ五なのですか、5)最近、鉄道のホームに青い光が点いていますが、何故ですか、6)赤鬼、青鬼と言いますが、何故、緑鬼とは言わないのですか。
このように日常的に接している色ですが、非常に不思議なことがあります、これらを考えてみましょう。

詳細

日時:2013年8月2日(金) 14:00〜16:00

形式:講演

定員:50名

参加対象者:一般の方(小学生も参加可能)

申し込み方法:

emailもしくはお電話でお申し込み下さい。お名前、連絡先、(対象とする範囲がある場合は、学年などを追加) なお、先着順で受付致しますので、御了承ください。

第24回よりサイエンス・カフェは自然科学研究教育センターが行っています。

第23回以前の内容については、教養研究センターのホームページをご参照下さい。

プロフィール

  • ■ 鈴木恒男

    慶應義塾大学法学部教授 心理学担当

    1950年東京生まれ。1977年慶應義塾大学大学院社会学研究科心理学専攻修士課程修了、2004年千葉大学自然科学研究科博士(学術)取得。資生堂株式会社横浜研究所、富士写真フイルム株式会社足柄研究所を経て、現職。色彩学会監事。研究分野は写真、印刷の色再現の研究、白さの知覚に関する研究、肌色の好ましさに関する研究を行い、現在は言語と色彩、色彩の歴史的展開に興味を持っている。


センター主催のサイエンス・カフェについて

当センターでは、サイエンス・カフェを年2回程度開催しています。これは一般市民の方と自然科学について、飲み物を片手に気楽に語り合うことをめざしています。講演会とは異なり、科学者と一般市民の間で積極的なコミュニケーションを行い、自然科学に対する相互理解を得ることが目的です。参加費は無料です。企画の内容によって、参加対象が指定される場合もありますので、ご了承ください。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ