現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の自然科学研究教育センター講演会 第13回のページです。

2011.07.05自然科学研究教育センター講演会 第13回 終了

日時 2011年07月05日 ( 火 )  16:30〜18:00
(講演の日時は、節電対策等の影響で変更になる可能性があります)
会場 慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎1階 シンポジウムスペース
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 「南極隕石が教えてくれること」
講師 小島 秀康 氏 

国立極地研究所,総合研究大学院大学 極域科学専攻 教授

参加費 無料 (学生の来場歓迎)
    (会場準備の都合上、塾外の方は事前申し込みをお願いします)
対象 学生・教職員・一般

このイベントは終了しました。

講演内容

南極観測隊はこれまでにおよそ17000個にのぼる大量の隕石を発見、採集している。世界最大の隕石コレクションの一つになる。これは1974年に第15次隊が663個の大量の隕石を発見した。それをもとに、隕石が特定の場所に集まってくるという「隕石集積機構」が考案され、その仮説をもとに隕石探査を継続してきた結果である。平均で約1900 mの厚さがある南極氷床の動きに基づく仮説である。その仮説を紹介する。

演者は過去4回隕石探査に参加した。その経験をもとに、探査旅行風景、隕石が発見される場所の特徴、隕石の産状、発見された隕石の特徴などについて多くの映像を使って紹介する。発見された隕石には月や火星の石が隕石として含まれる他、およそ60種類ある隕石種のほとんどを網羅している。これらの隕石のほとんどは太陽系創成期の46億年前に形成されており、そのころの情報を隕石の中に秘めている。だから隕石は宇宙からの手紙だということもできる。これらの隕石を調べることによって、手紙を読むことによって、そのころ何がおこっていたかを知ることができる。また、月や火星の石を調べることによって、それらの星の地質や成長の過程を明らかにできる。これらの南極隕石が教えてくれることについて紹介する。

プロフィール

  • ■ 小島 秀康 氏

    国立極地研究所,総合研究大学院大学 極域科学専攻 教授

    秋田大学大学院鉱山学研究科修士課程修了,理学博士(東北大学)。専門は隕石分類学,岩石学。南極での隕石探査を継続し,南極隕石ラボラトリーが保有している隕石の分類を行うとともに,分類学的,岩石鉱物学的研究を進めている。著書に,「南極で隕石をさがす」(成山堂書店)がある。


センター主催のシンポジウム・講演会について

当センターの活動の一環として、シンポジウム・講演会を年3〜4回程度開催しています。その目的は、多分野にまたがる自然科学の相互理解を深め、研究の推進と教育の質の向上を図ることにあります。参加費は無料です。聴講の対象も制限はありません。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ