現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の自然科学研究教育センター講演会 第9回のページです。

2010.12.03自然科学研究教育センター講演会 第9回 終了

日時 2010年12月03日 ( 金 )  18:15〜19:45
会場 慶應義塾大学 来往舎 シンポジウムスペース
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 「美を科学する〜感性認知学の視座〜」
講師 三浦 佳世 氏 

九州大学大学院 人間環境学研究院・教授

参加費 無料 (学生の来場歓迎)
    (会場準備の都合上、塾外の方は事前申し込みをお願いします)
対象 学生・教職員・一般

このイベントは終了しました。

講演内容

浮世絵の美人画では、いわゆる斜視や引目など、視線方向を曖昧にした表現によって、人物の魅力が引き出されている。浮世絵ではまた、登場人物の視線がしばしば同じ方向に向けられ、心の通い合う構図として受けとめられている。小津安二郎の映画でも見慣れたこうした視線の構図は、西洋の絵画ではきわめて稀で、二人の女性が並ぶカルパッチョの「コルティジャーネ」では、登場人物に対し、散々の指摘が行われてきた。視線のあり方は文化にも関係するようである。

視線は見る者の注意を反射的に引き、視力を越える精度で高速にその方向が読み取られ、対象との関係性が解釈され、感情が誘発される特徴をもつ。浮世絵を用いて、さまざまな視線方向の画像を作成し、人物の印象を評価させた実験でも、驚くほど鋭敏な感性判断が無自覚的に行われることが分かった。曖昧な情報に基づき、瞬時に鋭い判断が下される点は感性判断と共通する。

見ることと感じることは分けがたい形で、ひとつの意識として現れてくる。知覚と感性は、共通する性質をもちながら、それぞれ独自の特徴をもつ。感性認知学は心の働きとしての感性を実証的に考える学問である。知覚・認知特性を基盤に感性について考える学問でもあり、感じることを通して知覚や認知について考える学問でもある。生理学的基盤(Vision)から社会文化的要因(Visuality)までを視野に入れて、多層的な観点から心の理解をめざす感性認知学を、美に関わる例も引きながら紹介する。

プロフィール

  • ■ 三浦 佳世 氏

    九州大学大学院 人間環境学研究院・教授

    大阪大学文学研究科博士課程修了(学術博士)。専門は感性認知学・知覚心理学であり、研究内容は知覚・認知的特性を基盤に、感性あるいは感性表現に関し、実験心理学の立場から考察すること。主な著書は、単著「知覚と感性の心理学」(岩波書店)、編著「知覚と感性」(北大路書房)、共著「感性の科学」(朝倉書店)、「共視論-母子像の心理学」(講談社)など。
    九州大学 人間環境学府 三浦研究室 外部リンク(新しいウインドウが開きます)


センター主催のシンポジウム・講演会について

当センターの活動の一環として、シンポジウム・講演会を年3〜4回程度開催しています。その目的は、多分野にまたがる自然科学の相互理解を深め、研究の推進と教育の質の向上を図ることにあります。参加費は無料です。聴講の対象も制限はありません。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ