現在のページはHOMEの中のメンバーの中の古池 達彦のページです。

メンバー紹介

古池 達彦 Koike, Tatsuhiko

古池 達彦

分野 物理学
専門 一般相対性理論,量子情報理論
所属学部 理工学部
学歴 1991.3 東京大学理学部物理学科 卒業
1996.3 東京工業大学大学院 理工学研究科物理学専攻 博士課程修了
所属学会 日本物理学会
担当教科 物理学A,B,D
物理学演習第3
相対性理論
卒業研究
物理学課題研究
物理学特別研究第1
など
連絡先 T_Koike_EMailAddr.gif

研究・教育

ブラックホール形成


重力崩壊における臨界現象


ブラックホールの対称性


時間最適量子計算


量子最速降下線法


弱い測定の理論


量子不確定性関係

主要論文

  1. Takahisa Igata, Tatsuhiko Koike and Hideki Ishihara, “Constants of motion for constrained hamiltonian systems :A particle around a charged rotating black hole”, Phys. Rev. D83, 065027 (2011).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  2. Alberto Carlini, Akio Hosoya, Tatsuhiko Koike and Yosuke Okudaira, “Time- optimal CNOT between indirectly coupled qubits in a linear Ising chain”, J. Physics A: Math. Theor. 44, 145302 (2011).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  3. Masaru Siino and Tatsuhiko Koike, “Topological classification of black holes: Generic Maxwell set and crease set of a horizon”, Int. J. Mod. Phys. D 20, 6, 1095- 1122 (2011).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  4. Fumitoshi Amemiya and Tatsuhiko Koike, “Big bounce as scattering of wave function at the big crunch”, Phys. Rev. D82, 104007 (2010).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  5. Tatsuhiko Koike and Yosuke Okudaira, “Time complexity and gate comlexity”, Phys. Rev. A82, 042305 (2010).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  6. Hiroshi Kozaki, Tatsuhiko Koike and Hideki Ishihara, “Exactly solvable strings in Minkowski spacetime”, Class. Quantum Grav. 27, 105006 (2010).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  7. Fumitoshi Amemiya and Tatsuhiko Koike, “Gauge-invariant construction of quantum cosmology”, Phys. Rev. D80, 103507 (2009).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  8. Tatsuhiko Koike, Hiroshi Kozaki and Hideki Ishihara, “Strings in five-dimensional anti- de Sitter space with a symmetry”, Phys. Rev. D77, 125003 (2008).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  9. Alberto Carlini, Akio Hosoya, Tatsuhiko Koike and Yosuke Okudaira, “Quantum brachistochrone for mixed states”, J. Physics A: Math. Theor. 41, 045303 (2008).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  10. Alberto Carlini, Akio Hosoya, Tatsuhiko Koike and Yosuke Okudaira, “Time- optimal unitary operation”, Phys. Rev. A75, 042308 (2007).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  11. Alberto Carlini, Akio Hosoya, Tatsuhiko Koike and Yosuke Okudaira, “Time- optimal quantum evolution”, Phys. Rev. Lett. 96, 060503 (2006).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  12. Tatsuhiko Koike, Takashi Hara, and Satoshi Adachi, “Critical behaviour in gravitational collapse of a perfect fluid”, Phys. Rev. D59, 104008 (9pp) (1999).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  13. Tatsuhiko Koike, Takashi Hara and Satoshi Adachi, “Critical behaviour in gravitational collapse of radiation fluid: A renormalization group (linear perturbation) analysis”, Phys. Rev. Lett. 74, 26, 5170?5173 (1995).

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク) arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)

主要著書

1.部分・共著「重力崩壊における臨界現象」, 「爆発と凝集」第4章, 東京大学出版会「非線 形・非平衡現象の数理」シリーズ, 2006 年

雑誌解説

1.「量子情報理論と幾何」, 数理科学 2004年2月号特集「幾何学的物理観 - 物理を語る幾何という言葉 -」内 (サイエンス社, 東京)
2.共著、「重力崩壊における臨界現象」, 日本物理学会誌第54巻第10号 (1999年)「解説」
3.共著、「重力崩壊における臨界現象」, 数理科学 1998年8月号特集「重力の魅力」 および 別冊数理科学 1999年10月号
             「重力理論 - 古典的時空から量子的時空へ -」内 (サイエンス社, 東京)

ページの先頭へ