現在のページはHOMEの中のメンバーの中の松原 彰子のページです。

メンバー紹介

松原 彰子 Akiko Matsubara

分野 地理学
専門 自然地理学
所属学部 経済学部

主要論文

  1. Matsubara, A. (2016) Geomorphological Development of Coastal Ridges during the Holocene and Recent beach erosion: Case Studies of the coastal lowlands along Suruga Bay and Amanohashidate along Miyazu Bay. The Hiyoshi Review of Social Sciences, Keio University 26: 1-16

     pdf(PDFファイルが開きます)
  2. Matsubara, A. (2015) Holocene Geomorphic Development of Coastal Ridges in Japan.  Keio Univ. Press 169p

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  3. Matsubara, A. (2015) Influence of Tsunamis on Coastal Lowlands: Case of the 2011 Tohoku Earthquake. The Hiyoshi Review of Social Sciences, Keio University 25: 1-13

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  4. 松原彰子 (2014) 自然地理学 ― 自然環境の過去・現在・未来― (第4版) 慶應義塾大学出版会 220p

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  5. 松原彰子 (2014) 九十九里浜平野の地形と遺跡分布 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 24: 21-28

     pdf(PDFファイルが開きます)
  6. 松原彰子 (2013) 駿河湾の海岸.柴山知也・茅根 創編『図説 日本の海岸』 朝倉書店 pp62-63

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  7. 松原彰子 (2013) 東京湾沿岸に発達する浜堤列平野 ―館山低地と小櫃川下流低地を例にして―.  慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 23: 1-14

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  8. 松原彰子 (2012) 東京湾西岸地域の地形 ―東京都東部地域と鶴見川流域を例にして― 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 22: 1-12

     pdf(PDFファイルが開きます)
  9. 松原彰子 (2011) 自然地理学 ― 自然環境の過去・現在・未来― (第3版) 慶應義塾大学出版会 206p

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  10. 松原彰子・渡部展也 (2011) イスラエル・ガリラヤ湖岸の地形および水文環境 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 21: 43-62

     pdf(PDFファイルが開きます)
  11. 杉浦章介・松原彰子・渡邊圭一・長田 進・武山政直・大島英幹 (2010) ジオ・メディアの系譜 ―進化する地表象の世界―  慶應義塾大学出版会 153p

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  12. 松原彰子・渡部展也 (2010) ガリラヤ湖東岸エン・ゲヴ遺跡の立地環境 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学 20: 23-42

     pdf(PDFファイルが開きます)

関連リンク

ページの先頭へ