現在のページはHOMEの中のメンバーの中の古川 亮平のページです。

メンバー紹介

古川 亮平 Ryohei Furukawa

古川 亮平

分野 生物学
専門 発生生物学、比較免疫学
所属学部 文学部
学歴 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士(理学)
所属学会 日本比較免疫学会、日本動物学会
担当教科 生物学Ⅰ・Ⅱ
連絡先 TEL:045-566-1340
古川亮平メールアドレス

研究・教育

テーマ:

主にヒトデを用いて免疫システムの進化について研究を行っています。
また、メディカルゲノミクス分野の研究プロジェクト等にも参画しています。

(lightboxで画像ウインドウが開きます)

ヒトデのビピンナリア幼生
(受精後4日, スケールバー; 50 μm)

(lightboxで画像ウインドウが開きます)

融合して異物を包囲化するヒトデ幼生の免疫細胞(緑)(赤は核を示す)


材料:

棘皮動物 イトマキヒトデ (Patiria (Asterina) pectinifera


 免疫とは、「自己」と「非自己」を識別し、「非自己」を体内から排除する現象ですが、その目的(生理的な意義)は、「自己」を維持し、存在を保証することです。多様な動物種で免疫システムが正常に作動しているゆえに、個体ごとに「自己」が維持され、種が存続することになります。
 棘皮動物ヒトデは、系統進化的に我々脊椎動物に繋がる後口動物の基部に位置しており、免疫システムの進化を考える上で非常に重要な動物です。ヒトデの幼生は、間充織細胞と呼ばれるたった1種類の免疫細胞しか有しておらず、多細胞動物にとって最も原始的な免疫システムを体現していると考えられます。
 私はこのヒトデ幼生を材料に、どのようなメカニズムで「自己」という存在が確立されるのか?という問題を進化的な視点から追求し、自然科学の目を通して「自己とは何か、そしてそれはどう進化したのか?」という問題を考えたいと思っています。

主要論文

  1. Komaki, S., Ohmomo, H., Hachiya, T., Furukawa, R., Shiwa, Y., Satoh, M., Endo, R., Doita, M., Sasaki, M., Shimizu, A. (2017) An epigenome-wide association study based on cell type-specific whole-genome bisulfite sequencing: Screening for DNA methylation signatures associated with bone mass. Integr Mol Med 4(5): 1-7

     pdf(PDFファイルが開きます)
  2. Saito, S., Hamanaka, G., Kawai, N., Furukawa, R., Gojobori, J., Tominaga, M., Kaneko, H. Satta, Y. (2017) Characterization of TRPA channels in the starfish Patiria pectinifera: involvement of thermally activated TRPA1 in thermotaxis in marine planktonic larvae. Sci Rep 7: 2173

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  3. Hachiya, T., Furukawa, R., Shiwa, Y., Ohmomo, H., Ono, K., Katsuoka, F., Nagasaki, M., Yasuda, J., Fuse, N., Kinoshita, K., Yamamoto, M., Tanno, K., Satoh, M., Endo, R., Sasaki, M., Sakata, K., Kobayashi, S., Ogasawara, K., Hitomi, J., Sobue, K., Shimizu, A. (2017) Genome-wide identification of inter-individually variable DNA methylation sites improves the efficacy of epigenetic association studies. npj Genomic Medicine 2: 11

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  4. Hachiya, T., Kamatani, Y., Takahashi, A., Hata, J., Furukawa, R., Shiwa, Y., Yamaji, T., Hara, M., Tanno, K., Ohmomo, H., Ono, K., Takashima, N., Matsuda, K., Wakai, K., Sawada, N., Iwasaki, M., Yamagishi, K., Ago, T., Ninomiya, T., Fukushima, A., Hozawa, A., Minegishi, N., Satoh, M., Endo, R., Sasaki, M., Sakata, K., Kobayashi, S., Ogasawara, K., Nakamura, M., Hitomi, J., Kita, Y., Tanaka, K., Iso, H., Kitazono, T., Kubo, M., Tanaka, H., Tsugane, S., Kiyohara, Y., Yamamoto, M., Sobue, K., Shimizu, A. (2017) Genetic Predisposition to Ischemic Stroke: A Polygenic Risk Score.  Stroke 48: 253-258

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  5. Furukawa, R., Hachiya T., Ohmomo H., Shiwa Y., Ono K., Suzuki S., Satoh M., Hitomi J., Sobue K. and Shimizu A.  (2016)  Intraindividual dynamics of transcriptome and genome-wide stability of DNA methylation.   Sci Rep  6. 26424 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  6. Furukawa R., Tamaki K., Kaneko H. (2016) Two macrophage migration inhibitory factors regulate starfish larval immune cell chemotaxis. Immunol Cell Biol 94(4): 315-321

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  7. Shiwa Y., Hachiya T., Furukawa R., Ohmomo H., Ono K., Kudo H., Hata J., Hozawa A., Iwasaki M., Matsuda K., Minegishi N., Satoh M., Tanno K., Yamaji T., Wakai K., Hitomi J., Kiyohara Y., Kubo M., Tanaka H., Tsugane S., Yamamoto M., Sobue K., Shimizu A.  (2016)  Adjustment of cell-type composition minimizes systematic bias in blood DNA methylation profiles derived by DNA collection protocols.   PLoS ONE  11. e0147519 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  8. 古川亮平, 清水厚志  (2016)  IMMオミックスレファレンスパネルの取り組み.  生化学   88: 36-43 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  9. 大桃秀樹, 古川亮平, 清水厚志  (2016)  ヒト血液検体のトランスクリプトーム解析.   実験医学別冊 RNA-Seq実験ハンドブック 羊土社  74-82 (ISBN 978-4-7581-0194-3) 

    関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  10. 古川亮平, 八谷剛史, 清水厚志  (2016)  全エピゲノム関連解析(EWAS).  金井弥栄編. 実験医学増刊 エピゲノム研究 修飾の全体像の理解から先制・個別化医療へ 羊土社,  76-82 (ISBN 978-4-7581-0355-8) 

    関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  11. Ohmomo, H., Hachiya, T., Shiwa, Y., Furukawa, R., Ono, K, Ito, S., Ishida, Y., Satoh, M., Hitomi, J., Sobue, K., Shimizu, A.  (2014)  Reduction of systematic bias in transcriptome data from human peripheral blood mononuclear cells for transportation and biobanking.   PLoS ONE  9. e104283 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  12. Kawase, O., Furukawa, R.  (2014)  Regional difference of ray number variation in a starfish, Patiria pectiniferaAnnual Report of Premedical Sciences, Dokkyo Medical University  3: 49-52 

    関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  13. Furukawa, R., Funabashi, H., Matsumoto, M., Kaneko, H. (2012) Starfish ApDOCK protein essentially functions in larval defense system operated by mesenchyme cells. Immunol Cell Biol 90: 955-965

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  14. Furukawa, R., Matsumoto, M., Kaneko, H.  (2012) Characterization of a scavenger receptor cysteine-rich-domain-containing protein of the starfish, Asterina pectinifera: ApSRCR1 acts as an opsonin in the larval and adult innate immune systems.  Dev Comp Immunol 36(1): 51-61

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  15. 古川亮平  (2009) ヒトデ幼生に探るマクロファージのご先祖② 自己と非自己をさかのぼって考える  ミクロスコピア 26(2): 98-102

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  16. 古川亮平 (2009) ヒトデ幼生に探るマクロファージのご先祖① メチニコフの発見から100年 ミクロスコピア 26(1): 9-16

     関連ページ(新しいウインドウが開きます)
  17. Furukawa R., Takahashi Y., Nakajima Y., Dan-Sohkawa M. and Kaneko H.  (2009) Defense system by mesenchyme cells in bipinnaria larvae of the starfish, Asterina pectiniferaDev Comp Immunol 33(2): 205-215

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)

趣味

音楽、飲み歩き、美術館巡り

関連リンク

ページの先頭へ