現在のページはHOMEの中のメンバーの中の鈴木 忠のページです。

メンバー紹介

鈴木 忠 Atsushi C. Suzuki

鈴木 忠

分野 生物学
専門 比較動物学、クマムシの生物学
所属学部 医学部
学歴 名古屋大学大学院単位取得退学 金沢大学大学院 博士(理学)
所属学会 日本動物学会、日本動物分類学会、International Society of Invertebrate Reproduction & Development、International Society for Invertebrate Morphology、Marine Biological Association
担当教科 生物学、生物学実験、基礎分子細胞生物学(分担)
連絡先 TEL:045-566-1329
suzuki_mailaddress

研究・教育

クマムシ(緩歩動物Tardigrada)の生活史、形態、分類などについて研究しています。

(lightboxで画像ウインドウが開きます)オスのオニクマムシ

オスのオニクマムシ (Milnesium tardigradum)

主要論文

  1. Suzuki AC, Kagoshima H, Chilton G, Grothman GT, Johansson C, Tsujimoto M (2017) Meiofaunal richness in highly acidic hot springs in Unzen-Amakusa National Park, Japan, including the first rediscovery attempt for Mesotardigrada.  Zoological Science 34(1): 11-17

     pdf(PDFファイルが開きます)
  2. Grothman GT, Johansson C, Chilton G, Kagoshima H, Tsujimoto M, Suzuki AC  (2017) Gilbert Rahm and the Status of Mesotardigrada Rahm, 1937. Zoological Science 34(1): 5-10

     pdf(PDFファイルが開きます)
  3. Suzuki AC (2016) Specimens with an Artifact Appearing as ‘Three Spines’ in Milnesium tardigradum var. trispinosa Rahm, 1931 (Tardigrada). Zoological Science  33(4):431-433

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  4. Tsujimoto M, Suzuki AC, Imura S (2015) Life history of the Antarctic tardigrade, Acutuncusantarcticus, under a constant laboratory environment. Polar Biology 38(10):1575–1581

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  5. Suzuki AC, Kristensen RM (2014) Spermatozoa in the reproductive system of a hermaphroditic marine tardigrade, Orzeliscus belopus (Tardigrada:Arthrotardigrada). Zoologischer Anzeiger 253: 497–511 | doi:10.1016/j.jcz.2014.07.003

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  6. Kagoshima H, Imura S, Suzuki AC (2013) Molecular and morphological analysis of Antarctic tardigrade, Acutuncus antarcticus. Journal of Limnology 72(s1): 15–23

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  7. Fujimoto S, Miyazaki K, Suzuki AC (2013) A new marine tardigrade, Tanarctus diplocerus (Arthrotardigrada, Halechiniscidae) from Japan. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom 93 (4): 955–961

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  8. Suzuki AC (2008) Appearance of males in a thelytokous strain of Milnesium cf. tardigradum (Eutardigrada: Apochela).  Zoological Science 25: 849-853

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  9. Suzuki AC (2006) Ovarian structure in Milnesium tardigradum (Tardigrada, Milnesiidae) during early vitellogenesis. Hydrobiologia 558: 61-66

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  10. Suzuki AC (2003) Life history of Milnesium tardigradum Doyère (Tardigrada) under a rearing environment.  Zoological Science 20: 49-57

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)

受賞歴

Zoological Science Award 2004 〔日本動物学会論文賞〕

著書

Suzuki AC (2017) Tardigrada research in Japan. In Motokawa M, Kajihara H (eds.) Species Diversity of Animals in Japan. Springer Japan, pp. 267-284
ISBN 978-4-431-56432-4 (eBook), ISBN 978-4-431-56430-0 (Hardcover)
http://www.springer.com/jp/book/9784431564300 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 

鈴木忠(2008) クマムシの生き方.誕生と死---生命の教養学IV,慶應義塾大学教養研究センター編、慶應義塾大学出版会, pp157-178
http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766415254/ 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 

鈴木忠・森山和道(2008) クマムシを飼うには 博物学から始めるクマムシ研究.地人書館
http://www.chijinshokan.co.jp/Books/ISBN978-4-8052-0803-8.htm 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 

鈴木忠 (2006) クマムシ?!小さな怪物.岩波科学ライブラリー122,岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0074620/top.html 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 

趣味

バロックファゴットの演奏

関連リンク

ページの先頭へ