現在のページはHOMEの中のメンバーの中の杉本 憲彦のページです。

メンバー紹介

杉本 憲彦 Norihiko SUGIMOTO

杉本 憲彦
分野物理学
専門気象学、地球流体力学、計算科学
所属学部法学部
学歴京都大学大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻(理学博士)
(Ph.D. in Science, Department of Geophysics, Graduate School of Science, Kyoto University)
所属学会日本気象学会、日本流体力学会、日本物理学会
担当教科物理学(I):「地球と環境の物理」
物理学(II):「気象の物理」
自然科学研究会(III・IV)「気象の研究(物理学副専攻科目)」
連絡先 TEL:045-566-1320
sugimoto_mailaddress

研究・教育

地球流体力学 (Geophysical Fluid Dynamics)

・渦(バランス)モードと重力波(非バランス)モードの非線形相互作用
・バランスモデル(準地衡近似系など)の適用範囲
・非定常な回転成分流からの自発的な重力波放射

(lightboxで画像ウインドウが開きます)地球大気を簡略化した数値モデルにおいて、ジェット気流(左)から放射される大気重力波(中)の様子。

地球大気を簡略化した数値モデルにおいて、ジェット気流(左)から放射される大気重力波(中)の様子。


計算科学 (Computational Physics)

・自己組織化マップを用いた気候変動の主要モードの抽出可視化
・非経験的で高速な台風抽出手法を用いた気候変動の研究


惑星大気科学(Planetary Atmospheric Sciences)

・金星大気のスーパーローテーション
・金星大気のデータ同化

(lightboxで画像ウインドウが開きます)金星データ同化(rev-with-cp)

世界初の金星データ同化システムを開発し、あかつき観測を同化した客観解析データを作成する。

主要論文

  1. Sugimoto N., Takagi M., Matsuda Y. (2019) Fully Developed Superrotation Driven by the Mean Meridional Circulation in a Venus GCM. Geophysical Research Letters 46:1776–1784

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  2. Kashimura H., Sugimoto N., Takagi M. et al. (2019) Planetary-scale streak structure reproduced in high-resolution simulations of the Venus atmosphere with a low-stability layer. Nature Communications 10: 23 (11pp) (プレスリリース)

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  3. Sugimoto, N., Yamazaki, A., Kouyama, T., Kashimura, H., Enomoto, T., and Takagi, M.  (2017)  Development of an ensemble Kalman filter data assimilation system for the Venusian atmosphere.  Scientific Reports  Vol. 7, 9321, 9pp. 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  4. Lebonnois, S., Sugimoto, N., and Gilli, G.  (2016) Wave analysis in the atmosphere of Venus below 100-km altitude, simulated by LMD Venus GCM. Icarus 278: 38-51

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  5. Sugimoto, N., and Plougonven, R.  (2016) Generation and backreaction of spontaneously emitted inertia-gravity waves. Geophysical Research Letters 43: 1-7

     doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  6. Ando, H., Sugimoto, N., Takagi, M., Kashimura, H., Imamura, T., and Matsuda, Y.  (2016)  The puzzling Venusian polar atmospheric structure reproduced by a general circulation model.  Nature Communications  7: 1-8 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  7. Sugimoto, N.  (2015)  Inertia-gravity wave radiation from the merging of two co-rotating vortices in the f-plane shallow water system.  Physics of Fluids  27: 1-6 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  8. Sugimoto, N., Ishioka K., Kobayashi H., and Shimomura Y.  (2015)  Cyclone-anticyclone asymmetry in gravity wave radiation from a co-rotating vortex pair in rotating shallow water.  Journal of Fluid Mechanics  772: 80-106 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  9. Sugimoto, N., Takagi, M., and Matsuda, Y.   (2014)  Waves in a Venus general circulation model.   Geophysical Research Letters  41: 7461-7467 

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)
  10. Sugimoto, N., Ishioka K., and Ishii K. (2008) Parameter Sweep Experiments on Spontaneous Gravity Wave Radiation From Unsteady Rotational Flow in an F-plane Shallow Water System. Journal of Atmospheric Science 65: 234-249

    doi(電子ジャーナルの論文掲載ページの外部リンク)

著書

1.青木淳一, 秋山豊子, 大平哲, 金谷信宏, 小林宏充, 杉本憲彦, 六車明 (2017)「法学・経済学・自然科学から考える環境問題」, 慶應義塾大学出版会,164pp. 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 
2. 杉本憲彦 (2015) 「風はなぜ吹くのか、どこからやってくるのか」, ベレ出版, 392pp. 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 
3. 橘完太, 杉本憲彦 (2008) 「自己組織化マップとそのツール」, 大北正昭, 徳高平蔵, 藤村喜久郎, 権田英功(編), シュプリンガージャパン, 第8章, 高速球面SOMとその地球温暖化問題への適用, p147-160. 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 

受賞歴

* グローバルサイエンスキャンパス令和元年度 全国受講生研究発表会,科学技術振興機構理事長賞(細野氏) 共著 (2019)
* 日本地球惑星科学連合2019年大会,大気水圏科学セクション 学生優秀発表賞(阿部氏)共著 (2019)
* 竜門賞 (2016年度)「地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究」 外部リンク(新しいウインドウが開きます) 日本流体力学会
* 地球電磁気・地球惑星圏学会 第132回講演会 学生発表賞「オーロラメダル」(樋口氏) 共著 (2012)
* 電子情報通信学会 2008年総合大会, ISS特別企画「学生ポスターセッション」,優秀ポスター賞(共著, Pham氏発表) (2008) 
* IEEE Computational Intelligence Society, Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS) and 9th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS), Young Researcher Award (2008)
* 名古屋大学 21世紀COEプログラム「計算科学フロンティア」, FCSコンテスト, 優秀賞 (2007)

趣味

テニス、登山、スノーボード、スキー、ロッククライミング、ワイン

望み

研究、教育、余暇のバランスがとれた生活

ページの先頭へ