生物学クイズ
<数値問題>

close

数値問題
生物学についての知識

次の問題の答えとして最も近い数値を4つの中から選択せよ。

地球の誕生が約46億年前といわれているが、原始生命の誕生は約何億年前か?

 
 
1 / 2
正解は38億年 【難易度レベル2】
自己複製能、代謝、細胞膜を有する生命システムが出現したのは、約38〜40億年といわれている。

ヒトの赤血球の直径は約何μmか?

 
 
1 / 2
正解は7μm 【難易度レベル2】
赤血球は核を有しておらず、そのサイズは約7〜8μmであり、光学顕微鏡で観察できる。

生体タンパク質を構成するアミノ酸の種類は何種類あるか?

 
 
1 / 2
正解は20 【難易度レベル1】
遺伝子を構成する4種類の塩基3個1組でアミノ酸1個をコードする。それゆえ、4の3乗(64通り)種のアミノ酸がコードできるが、実際は同じアミノ酸をコードする場合もあり、生体を構成するアミノ酸は20種存在する。

ヒトゲノムには約何種類の遺伝子が含まれているか?

 
 
1 / 2
正解は2万 【難易度レベル3】
約2万。ヒトゲノム計画が開始された頃には、10万種以上あると推定されていた。

ヒトの生理食塩水濃度は約何%か?

 
 
1 / 2
正解は0.9 【難易度レベル1】
約0.9% 哺乳類では約0.9wt%、両生類では約0.6wt%である。

ヒトの消化管の全長は約何メートルあるだろうか?

 
 
1 / 2
正解は8m 【難易度レベル2】
ヒトの消化管は口、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門からなる。消化管の長さは食物と密接に関係しており、消化しにくい食物を餌とする動物では長くなる(一般的に肉食動物より草食動物が長い)。また、同じような餌を食べる動物では、体の小さい動物ほど体に対する消化管の長さは長くなる傾向がある。

大人のヒトが分泌する胃液の量は1日あたり約何リットル?

 
 
1 / 2
正解は2〜3L 【難易度レベル2】
胃液の分泌はガストリン細胞が分泌するホルモンにより調整されている。年齢を経る毎に胃液量は減少する。

大人のヒト一人の腸内細菌の重さは?

 
 
1 / 2
正解は約1.5kg 【難易度レベル3】
成人の腸内に生息する細菌の種類は約100種類以上、その数は約100兆個と言われている。なお、この状況に対処すべく、腸内細菌に対する特別な免疫システムが備わっている。

ヒトの骨はおよそどのくらいのサイクルで生まれ変わっているか?

 
 
1 / 2
正解は2年 【難易度レベル2】
古くなった骨を溶かす破骨細胞と新しい骨を作る骨芽細胞の協調した働きで骨は維持されている。骨の切断面を観察すると、両細胞種の動態を年輪構造として観察できる。なお、そのバランスが崩れると骨粗しょう症になる。

ヒトの1個の細胞中のDNAを伸ばすとその長さは?

 
 
1 / 2
正解は約2m 【難易度レベル2】
DNAは幅2nmの細い糸状物質であり、ヒストン蛋白質に巻きついた状態で、染色体を形成している。ヒトの細胞1個には46本の染色体が入っており、その46本全ての染色体DNAを伸ばしてつなぎ合わせると約2mになる。