現在のページはHOMEの中の教育プロジェクトの中の科学的論述力を身につけるプログラムと教材の中の本事業の概要のページです。

科学的論述力を身につけるプログラムと教材

本事業の概要

現在,日本の大学生の論理的に議論する能力,そしてそれを記述する能力の不足が危惧されています。本大学における実験と講義を組み合わせた自然科学の授業では,学生に科学的論述を求め,その能力の育成を行っています。本事業の目的は,科学的な論述法について情報を共有して整理し,教材を作成し導入し,学生に科学的な論述をする能力を習得させることです。

レポートの書き方について,物理学,化学,生物学,心理学,数学の教員が共同し,自然科学全般に通用する科学的論述の本質的な部分を整理し,教材を開発します。実験では,データを数量的に解析し,その結果から論理的に結論を導き,それを論述し,また口頭でも説明することが求められます。分野間,またテーマにより要求されるものが異なる場合がありますが,自然科学全般に通用するような論述の本質的な部分を整理し,教材として学生に提供します。我々の目指すのはレポートの基本的な書き方の指導に留まらず,論理的な記述をしつつ,学生が創造性を発揮できる論述の指導です。

レポートの書き方

レポートの書き方

ページの先頭へ