現在のページはHOMEの中の教育プロジェクトの中の文系学生実験の中の物理学実験の中の空気の振動と音速のページです。

空気の振動と音速

ガラス棒を摩擦して伸縮の振動を起こし,ガラス管の中の空気に,ガラス棒と同じ振動数の定常波を起こし,節に集まるガラス中の粉の間隔から,空気中の音速を求める。

クント管の実験は、音が空気の振動という物理現象であることを直感的に示す実験である。音を発生させることによって、定常波の節に粉がきれいに集まる様子は感動的である。しかも、見て楽しいだけではなく、定量的にも数%の誤差の範囲内で音速を求めることができるので、学生実験として好適である。

概要

クントの実験は、ガラス棒の振動を空気柱に伝えることにより定常波を発生させ、その波長から音速を求める巧妙な実験法である。

アルコールで湿らせた紙でガラス棒を摩擦すると音が発生する。その振動数fはガラス棒の長さとヤング率から求めることができる。発生した音波がガラス管内で定常波を生じさせた結果、ガラス管内に入れた粉は定常波の節に集まる。この粉の間隔から定常波の波長λAが求まる。これらから、ガラス管内の空気の音速は

a math image

と求められる。

空気中の音速は温度t(摂氏)に比例することが知られている:

a math image

室温からこの値を求めて、クントの実験の結果と比較することができる。

特徴

定常波の節の部分に粉が集まる様子は大変印象深く、学生に人気のある実験である。
電気や熱源などを全く用いない、安全な実験である。

実験の流れ

詳細については、実験マニュアルを参照