現在のページはHOMEの中の教育プロジェクトの中の文系学生実験の中の生物学実験の中の遠心分離機の使い方のページです。

遠心分離機の使い方

はじめに

遠心機は高速で回転する機器であり、その力は、想像以上のものがあり、使用法を誤ると大けがをする恐れもあるので、注意深く操作する。

手順

  1. 回転中に遠沈管(図1)が割れ、サンプルを失うことがないように、必ず、使用前に遠沈管にひびや傷がないことを確かめる。

(lightboxで画像ウインドウが開きます)遠沈管 1.jpg

図1.遠沈管

2. 遠沈管にサンプルを入れる。サンプルの水面が遠沈管のメモリより上に来ないようにする(遠沈管全体の8割までとする。)

3. 2本の遠沈管をひと組として遠沈管比重計(天秤)(図2)に乗せてバランスを取る。軽い方の遠沈管に溶媒をピペットで1滴ずつ加えて、釣り合うようにする。サンプルが奇数の時は、水をいれた遠沈管でバランスを取る。

 

(lightboxで画像ウインドウが開きます)sDNA5.jpg

図2.遠沈管比重計

4. バランスを取った遠沈管同士を回転軸に点対称の位置に装填する(図3a)。ローターには、番号がついているので、どの番号にどの試料をいれたかを記録しておく。H-11NAでは、一回の運転 で4組8本までの遠心が出来る(空のバケットがあってもかまわない)。

5. 回転数調節つまみ(図3b)が「0」の位置にあることを確認する。

6. タイマー(図3b)を該当するヘルツのメモリで(関東の場合:50Hz)希望する時間にあわせる

7. 回転数調節つまみを徐々に廻すと回転が始まる。回転計(図3b)をみながら、希望の回転数になるまでゆっくりと廻す。だいたい「6」の位置で3000回転となる。
★ガタガタと異常な振動が生じた場合は、すぐにタイマーを「0」に戻し、遠心機から離れる。このときタイマーを「0」を越えて廻すとON状態(いつまでも 回り続ける)になるので注意する。遠心機が止まったら試料が対称にセットされているか、バランスがとれているかを再度確認する。ローターの回転中には蓋を 絶対に開けない。

 

図3.遠心機

  1. 回転が安定したら改めてタイマーを希望時間にセットし回転が終了するのを待つ。
  2. 回転が完全に止まってからサンプルを取り出す。
    ★同じ回転数で2回以上遠心をするときは、速度調節つまみを動かさずにタイマーだけでON/OFFすることが出来る。

印刷用PDFマニュアル

遠心機の使い方  pdf (317KB)

ページの先頭へ